現場で経験する苦労について知ろう

女性エンジニアは、IT関連企業の中で活躍する場面が増えており、企業によっては管理職に就けるところもあり、男性と遜色なく働けるようになっています。
一方、有給休暇や育児休暇などを満足のいくまで取得ができない女性エンジニアも珍しくないため、仕事を続けるうえでなるべく苦労の少ない働き方を見つけることが大事です。

例えば、新卒者や中途採用者の女性エンジニアの受け入れ態勢が整っているIT関連企業においては、出産を控えている女性や、育児中の女性に対して、多様な勤務時間が選べるシステムが導入されることがあります。そのため、キャリアを中断させたくない場合には、こうした女性への配慮がしっかりと行われているIT企業の取り組みを日ごろからチェックすることがおすすめです。

また、プログラミングやネットワークなどのIT分野の高度な知識が要求される専門職に関しては、女性エンジニアの負担が大きくなりやすいことがあるため、就職活動の際に研修制度の内容や職場内でのフォローアップの体制に関して、十分に把握することが大切です。
もしも、システムマネジャーやプロジェクトマネジャーなどの管理職としての地位を目指したい場合には、企業内の女性エンジニアの人数や人材活用の実態に関して、早いうちからチェックをしておく必要があります。
女性特有のライフイベントに配慮がなされているのか、また働き方に便宜を図ってくれる職場なのかなど、自身が働きやすい職場を選択するといいでしょう。